稼げる!! タスマニアでブルーベリーピッキング Blueberry Picking in Tasmania

2015/12/18

12/26〜のクリスマス後から!!

正直ドライバーだけをした後にブロッコリーファームをやめるというのは心苦しいとも思ったのですが、ブロッコリー続けるのは大変だったので。。。

お仕事情報

会社名:Costa Berry Exchange

場所      :タスマニアではブルーベリーファームはBurnieにあります

アプライ方法:こちらからメールでアプライできます

時期  :2015年は12月中旬スタートでした

給料  :コントラクト(歩合制) 最低レート:3kg/kg

Costaのいいところはクルー(チーム)の平均時給が$22.48以上に調整されることです。

そして最低レートはブルーベリーの場合$3/kgです。

それ以下になることがタスマニアではありませんでした。

つまり全員が頑張れば平均時給が$30超えなんてこともあり得るかと思います!!

(下方修正はされないので)

なのでファームジョブやるならCostaは本当にオススメです。

ただファーストピッカーだらけのクルーだと不利ですけどね。。。

なので、アジアン(基本的に日本人以外めっちゃ速い)が少ないクルーが狙い目です。

そこだけは運次第です。

そしてどのくらい稼げるのか?が気になりますよね。

私は大体時給換算$20強でした。

日本人でも$30超えしている人もいましたよ!!
1日8時間働いても$100いかない人もいましたが。。。

ブルーベリーは梯子を使わない上、体力不要なので、女子だと特に同時期のチェリーピッキングより稼げるのではないかな、と思います。

私はハイシーズンに捻挫しててパッキングしてたので、ピッキングでは稼げなかったですけど。。

ブルーベリーピッキングの手順 Blueberry Picking

1.朝起きたらまず今日は何時から仕事があるのかをFacebookでチェックします
通常は7:00開始ですが、日によって大幅に遅れます。
なぜならブルーベリーはブルームと呼ばれる白い粉が命だから!!

ブルームとは?
ブルーベリーの表皮にある脂質で、ベリーを守る効果があります
市場ではこれがあることが新鮮なブルーベリーであることの証明になる非常に重要なものです

By農学部情報

なので朝露や雨で濡れていたら乾くまで待つんですよ。。
(濡れてたらブルーム無くなっちゃうので)

2.出勤したら名簿にサインする
一応「今日出勤してますよ」の証明になるみたいです

3.バケツを腰に巻き、トレー2つを持ってピッキング開始

img_0173

ピッキング中、日焼け防止のためスカーフを頭に巻いて首と顔のサイドを守っていました。不敵な笑みと共に本当に怪しい。

2人一組になってピッキングします。
畝の両サイドから挟む形になります。
基本的にペアはその日1日固定です。
ペアの相手のスピードが遅いと損です。
速い人と組むと闘争心で速くなるので、できるだけFast Pickerと組みましょう。

IMG_0002

トレー。3つありますが、一番下のベーストレーはフルーツ入れるの禁止です。

4. 大体6kgたまったらチェリオと呼ばれるトラックに戻ります。

おおよそ2バケツで1トレー。
1トレーで3kgくらい。
1トレーは3kgまでしかカウントしてくれないので、多すぎるのは厳禁です
(3.5kgとか入れても3kgカウント)

みんなチェリオに戻る時間を惜しむため、トレーに多く入れたいものですが、
入れすぎると下の方のベリーが潰れちゃいます。。。
それを防ぐためにそんな決まりがあるのだと思います。
そしてチェッカーと呼ばれる重さを測ってくれるスタッフ(大体これもワーホリメーカ)に渡して次のトレーを持ってまたピッキング再開

3〜4を繰り返します。

5.ランチタイム 30分ほど

6.大体3時頃には終了
開始時間が遅い日は5時とかに終わることもありましが
ブルーベリーは8時間を超えての労働はありませんでした。

ブルーベリーピッキングのコツ

速い人が言うにはとにかく両手10本の指を全て使うこと!!
だそうです。

私は初日は5時間半で$90くらいしか稼げませんでした。
とにかく全ての指を使うことを意識して働くことで
5日後には時給換算$20くらいになっていたので、本当に慣れだとは思います。

では!