オーストラリア最大の合法ファーム、Costaについて

最近、Costa(コスタ)のことを検索してこのブログに到達する人が多いみたいなので、今日はCostaについて。

その中でもラズベリー、ストロベリー、ブルーベリーを扱っているCosta Berry Exchange(コスタベリーエクスチェンジ)というところで私は働いた経験があるので主にBerry Exchangeについて。

スポンサーリンク
広告コード

Costacosta-group-logoとは?

オーストラリアに点在する、ファーム会社です。バナナ、ベリー、シトラス、マッシュルーム、トマト、アボガドを扱っています。ピッカー&パッカーとしてワーホリメーカーがたくさん働いています。

Berry ExchangeはNSW、QLD、WA、TASにあります。

なんでCostaがいいの?

一言で言えば稼げる合法ファームだから。

ピッキングに関しては歩合制(コントラクト)ですが、クルーと呼ばれるチームの平均時給が$22.48以上になるように後で調整されるのです!!
→$23.04/hに改正されました(2016.9現在)

コントラクトって始めに提示された額より上がることがないイメージですが、Costaは上がることの方が多かったです。

例:4/10のラズベリーについて

img_7894

まずこちらが仕事終わりにもらえる
「収穫した量」と「レート」が記載された付箋です。

①$1.2/パネルのラズベリーを37パネルパックしましたよ、ということです。

②$1.0/パネルのラズベリーを14パネル、35パネル、26パネルの計75パネルパックしましたよ、ということです。

※ラズベリー、ブルーベリーともに毎日品種ごとにレートが計算されます。

img_7896

そしてこちらが給与明細です。

①$1.2/パネル→$1.5/パネルに

②$1.0パネル→$1.2/パネルに

上がっています。

毎朝朝礼で「今日のレートはいくら」と言われるのですが、実際はそれよりも給与明細をもらったら上がっていることの方が多かったです。

もちろん、クルーの平均時給になるので、ファーストピッカーばっかりだとレートは低くなります。またどの木をピックするかによって大きく給与に差が出てきます。

なので、
1.どのクルーになるか という長期間にわたって左右される運と
2.その日にピックする木にベリーがたくさんなっているか という日々の運
この2つの運が給与に影響します。

アプライ〜働くまで

どうやってアプライするのか、どうやって仕事をもらうのかについて、順を追って説明したいと思います。

仕事を始めるまでの手順は?

Costaの場合、会社が大きい分、採用までの手順がきちんと決まめられています。

①アプライ→②Induction→③仕事開始です。

どうやってアプライするの?

このリンク先のメアドにメールしてください。するとPDFファイルが送られてくるので、それに記入して返信してください。

そのPDFを送信してアプリケーションナンバーをもらって初めてアプライ完了です。

またCostaは何千人もアプライするようなので、時期によったらてんやわんやです。
なのでPDFファイルが送られてこない、アプリケーションナンバーが送られてこない、となったら電話しましょう。

電話は月火木金の9:00〜13:00限定です。かかりにくいことが多々ありますが、諦めないでください。

いつアプライするのがいいの?

基本的にアプライは年中受け付けてくれているようです。
なので早いに越したことはないです。

大きく分けてシーズン前の①早期アプライと、シーズン直前またはシーズン中の②通常アプライに分かれます。

また、この作物がいい、というこだわりがある人はアプライ時点でまず主張しておきましょう。

①早期アプライについて

Costaは優良ファームなので大人気。なので、アプライはお早めに!!
私の場合、Corindiのブルーベリーにアプライしたのは4月末です。
結局始めるのは9月の半ば。実に5ヶ月!

早期アプライは「働く意思がありますよ」と示してるだけのようなものです。

アプライした人は月に1〜2回定められた「リングバックデー」に電話して
「まだ働く意思がありますよ」というのを伝える必要があります。

そうして数ヶ月間コンスタントにリングバックすることで、アプライが早かった人から順にシーズンが始まるタイミングからinductionの電話がかかってきます。
私の場合、電話がかかってきて提示されたinductionの日はちょうどダーウィンに旅行中で行けなかったんです。その後ベリーの量が伸び悩んだため、inductionを受けるまで半月待つことになりました。。。

②通常アプライについて

現地に入ってからアプライする方法です。メールだけでなく、直接オフィスに行ってアプライすることもできます。私はタスマニアの時はワーキングホステルに滞在していたので、そのホステルからアプライしました。

どの方法でも書く書類の内容は同じです。また、どの方法でもアプリケーションNo.をもらってやっとアプライ完了です。

②Inductionとは

Costaはシーズンが始まる、またはハイシーズンに向けて人を増やすなど人を雇用する前に必ずinductionを開催します。そのinductionの日が決定したら、アプライを先にしていた人から順に電話がかかってきます。

そして電話がかかってきたら指定された日にオフィスに行き、inductionを受けます。

内容は主に書類の記入(personal detail、bank detailなど)、仕事のルールについてです。時間は2〜3時間程度です。この時にしっかりどの作物(ラズベリーなのかブルーベリーなのか)がいいかを言っておきます。

ちなみにinductionを受ける前にアプリケーションNo.と名前をしっかりチェックされるので、飛び込み参加は不可です。

③仕事開始

通常inductionを受けてから2週間以内のようですが、シーズンによります。

私はタスマニア、コリンディともに2週間以上過ぎてからの開始になりました。逆にハイシーズンのタスマニアではinductionを受けた日の夜からパッキングシェッドで仕事を開始している人もいました。

当日や翌日開始などの時もありますが、上記のように切羽詰まっててるような時以外はまたCostaからの電話を待つ日々が再来します。

電話がかかってきてやっと仕事を始められます。

これだけ聞くと、アプライだけしてハイシーズン直前に現地に入るのが
一番効率が良いように感じるかもしれません。
しかしCorindiの場合は結構な人が待っているようなので、
ハイシーズンだからと言ってすぐ働けるかは分かりません。
去年、結局最後まで電話が来なかったという人もいたようなので。。。

仕事初日

<NSW コリンディの場合>

Facebookで自分のクルーの場所をチェックして、行きます。そこでスーパーバイザーたちから決まり事などについて指導を受けて仕事開始です。

<タスマニア バーニーの場合>

その日が初日の人だけ指定の場所に集められて、名簿(※)と照らし合わせられます。そして配属になるクルーに移動してスーパーバイザーから指導を受けてついにピッキング開始です。

※もしその名簿に名前がなければ働けません。経験済です(泣)

その他

セカンドのカウントは?

もちろん対象です。ただしデイオフカウントはなく、働いた日だけがカウントされます。
また14日に1回休まなければならないという決まりがあります(13連勤まで)

ブルーベリーだと雨でデイオフになったり、そもそもハイシーズンでなければ毎日仕事があるとは限らないので本当にセカンド取るための日数が切羽詰まっている人には向いていないと思います。

※ストロベリー、ラズベリーは雨の日でもありますが、14日に1回休まなければいけないのは同じです

時給制の仕事はないの?

たまに勘違いされてる方がいるのですが、Costaのピッキングは歩合制です。時給制ではありません。

ただし、時給制の仕事もあります。
スーパーバイザー、ランナー、チェッカーと呼ばれるピッカーに指示(や統制?)する人たちは時給制です。(スーパーバイザーは$25/hくらい、ランナーとチェッカーは$23.04/h)
これらの仕事は英語でちゃんとコミュニケーションができるとワーホリメーカーでもチャンスがあるみたいです。

またピッキングに比べると少人数になりますが、ブルーベリーパッキングも時給制($23.04)になります。

6ヶ月縛りは?

オーストラリアのワーホリって基本的に6ヶ月までしか同一雇用主も元で働けません。
Costaの場合、下記のようになります。
①カウントはインダクションの日から始まります。(働いてないのに。。。)
②同じBerry Exchangeの中だと1stビザで合計6ヶ月まで、2ndビザで合計6ヶ月までとなります。

例)私のようにタスマニアで5ヶ月近く働いていた人間はコフスハーバーではインダクションの日から1ヶ月しか働けません。

→2017年1月より ”同一雇用主のもとでは6ヶ月しか働けない” というルールは廃止するという話も出ましたが、結局継続中なんですかね??

https://www.border.gov.au/Trav/Work/Empl/WHM-six-months-one-employer

服装は?

スニーカー、襟付きのシャツやポロシャツ、帽子をかぶるという指定があるくらいでよくみる蛍光色のシャツは不要です。着ている人も多いですけど。

以上、Costaについてとアプライ〜仕事を始めるまでについてでした。
また個別で私が経験した仕事内容などについても掲載しているので、よかったらこちらも参考にしてください

コメント

  1. Chika より:

    はじめまして!
    NZでブルーベリーピッキングをしていてAusでも同じことをしたいなーと思って調べてるんですけどCorindiのブルーベリーがスタートするのは毎年8月頃からですか?

    • なんちゃってリケジョ より:

      ニュージーランドでピッキングされてるんですね!!

      やはり植物なので、年によって開始時期は全然違うようです。2016年はCostaは6〜7月からちょこちょこ始まってたみたいですが、本格的なシーズンは8月からでした。他のファームについては9月以降開始でした。

      2016年はは雨が多くて遅れたようですが、シェアハウスのオーナーいわく、2015年も似たような感じだったということで。。。

      確かな情報は実際に7月8月にならないと分からないと思います(^_^;)Costaに関しては今から2017年シーズンに関してもうアプライできると思うので、とりあえずやってみてください。

      • Chika より:

        たくさんありがとうございます!
        Costaには今ネットでアプライしてもブルーベリーピッキングできるのは7.8月くらいってことですね!
        アコモは自分たちでシェアハウスとかバッパーを探す感じですか?

        • なんちゃってリケジョ より:

          いえいえ!

          Costaは人が必要になれば電話してくる感じになります〜
          7〜8月になっても電話がかかってくるとは限らないです。。早くアプライしてる人、経験者優先でその人たちで枠が埋まらなければ電話が来るかも、という感じで。

          アコモはおっしゃる通り自分で探すことになります(*^_^*)

          • Chika より:

            なるほどー!Coataにアプライしたとして、ウェイティングしてたらブルーベリーじゃなくて違うフルーツとか野菜で採用になることってありますか?
            あと、ほかのブルーベリーファームもだいたい7.8月くらいからスタートですか?

          • なんちゃってリケジョ より:

            遅くなりました
            Costaのラズベリーは年中あるので、そっちを始められるかもしれません。野菜はハーブファームで働いてた友達もいましたが、時期によったら人があまりいらないようで週3とかだそうです。

            他のブルーベリーファームについては返信にも書いたんですけど9月から始まって10月から本格的にシーズン入ってましたよ〜

  2. YuuKa より:

    はじめまして!
    11月よりワーホリで渡豪を予定してる者です。

    貯金額に不安があるため、タスマニアで稼いでからメルボルンやシドニーなどで仕事・観光をしてみたいなと考えております。

    まだまだ先のことですが、不安しかないので毎日リケジョさんのブログを見て情報収集させてもらっています。(ホント役に立ちます!ありがとうございます!)

    Costaへのアプライについてなのですが、上記リンク先のメールアドレスには「ファームジョブ希望します」的な文面でまずメールを送り、その後送られてくるPDFのフォーマットを記入して返信すればよろしいのでしょうか?
    ちなみに、日本からでも申請可能ですかね?
    やっぱりオーストラリアの電話番号が必要ですよね?

    あと、「ここは悪徳ファームだから気をつけたほうが良い」なんてウワサありますか?Facebookや日豪プレスなんかでも毎日のようにファームジョブの求人が出ており、「セカンドビザ取れます!手続き関係全部お手伝いします!」といったものをよく目にするのですが、怪しい求人とかもあるのでしょうか?

    初めてのワーホリなので、何事も経験!と思ってポジティブに考えれば、どんな壁にぶつかっても乗り越えられると思うのですが、事前にそういった情報があれば是非教えていただきたいです。

    お忙しいところ大変恐縮ですが、ご返信頂ければ幸いです☆彡

    • なんちゃってリケジョ より:

      Yuukaさん、コメントありがとうございます。役立つと言っていただいてめっちゃ嬉しいです!!
      行く前は不安いっぱいですよね(´ェ`;)

      ●Costaについて
      アプライはメールをそんな感じでメール送ったら大丈夫だと思います。

      Subject: I’d like to apply ○○ picking in TAS
      Body: Hi, I’m ○○. I’m interested in ○○ picking. Can I apply? …….みたいな軽い感じの文面で伝わりますw
      メールを送る時点ではどこにいても関係ないですが、アプライフォームに電話番号書くところがあったり、リングバック(電話をアプライするほうがかけて働く意思があるかを確認するシステム)のときにオーストラリアにいないと国際電話になるかもしれません。
      (海外だとメールで可能かを聞いてみるのもありかもしれませんが、Costaもオーストラリア国内、さらに近くにいる人から電話してインダクションに来てもらうようにするんではないかと思います)

      →11月に入国するのであれば、10月くらいにメールを送ってアプライするのが現実的ではないでしょうか。

      ●悪徳ファームについて
      私がいたのはタスマニアの北のデボンポート(Devonport)という港町なのですが、その周辺には悪徳ファームの噂は聞きませんでした。
      あえて言うならSasafras Orchardというりんごファームが簡単にクビになっちゃうというくらいでしょうか。(給与はちゃんともらえます)
      ホバートの周辺は給与が極端に少ないファームがあるという噂も聞いたので、気をつけたほうがいいかもしれません。

      大体ブリスベン周辺のいちごファームは稼げないことが多いです。
      特に日本人は丁寧なので。
      私はいちごで全く稼げなかったので、いちごファームはオススメしませんw

      セカンドの手続きなんかも自分でできるものだと思うので、私だったらセールスポイントにならないので応募しません。
      ただ、セカンドの日数をいつまでに稼がないといけない、など制限がある方ももいるのであくまで私の場合、としか言えませんが。

      ●稼ぐなら
      タスマニアであれば、Vmacが時給制で安定していていいのではないかと思います。
      ファクトリージョブだとそこまで汚れないと思いますし。
      なので、ぜひそちらもアプライしてみてください!!

      頑張ってくださいね!

      • YuuKa より:

        リケジョ さん

        さっそくご丁寧なご返信ありがとうございます!
        いちごはやっぱり稼げないんですね…
        他のファーム経験者の方もおっしゃってました;;

        渡豪までまだまだですが、リケジョさんのブログを参考に準備させていただきます。
        こちらこそたくさんの情報を提供していただいてありがとうございました★
        ブログの更新楽しみにしています♪