歯が痛い!→一時帰国で治療しようと思ってホワイトニング

出国前(2015年9月)に歯医者に通って全部治療しましたが、
2016年3月にタスマニアで歯が痛くなり、
友達のイケメン歯医者に「根尖病巣じゃないかな」と言われて
5月下旬からの日本の一時帰国(2週間を3週間に延長)中に治療をすることにしました。

歯の治療

区役所で海外転出届けを出していましたが、住民票を戻して保険が効くようにしてから実家の近くの口コミのいい歯医者を探して予約。

ちなみに私が行った歯医者さんはこちら↓↓
松井歯科医院 (〒530-0041 大阪府大阪市北区天神橋5丁目8-12大河崎ビル2階)

いざ行ってみると神経抜いた歯と歯茎が痛かったのは
「歯ぎしり、食いしばりによる炎症が原因」
とのことでした。

Dr.「虫歯もないので治療するところはありませんし、綺麗に歯磨きされているので少しお掃除しましょうね。また就寝時に使用するマウスピースだけ作りましょう。」とのことで。
マウスピースを作って終了しました。

なんとあっさり!!

ちなみに歯ぎしり・食いしばりの特徴として
(このサイトに他の症状もありました→歯ぎしり食いしばり
①経年の歯ぎしり食いしばりによって奥歯がすり減っている(そして知覚過敏)
②歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)が大きい
③骨のこぶである骨隆起ができることがある
というものが私にはあるそうで。

他の
●肩こりがひどいのも(たまに吐き気がする)
●歯と歯の隙間が1つだけやたらでかくてすごく食べ物が詰まりやすいのも(社会人になってから突然発生。絶対ストレスが原因だと思うw)
●(顔がでかく)エラが張っているのも(←かなりコンプレックス)
もしかしたら歯ぎしりが原因かも?

とのことで。

原因はストレスや癖みたいなもので、治療法というよりはマウスピースで保護するしかないらしく。。。(;;)

今まで他の歯医者さんでそんなこと言われたことなかったので、目から鱗!!
出国前に通ってた職場の近くの歯医者さんでは
「歯周ポケットが大きいのでちゃんと歯磨きしてください」
とだけ言われてました。

これって見落としですよねw

またストレス社会で生きる日本人、歯ぎしり食いしばりの人が多いと思われます。ストレス社会で生きる日本人、歯ぎしり食いしばりの人が多いと思われます。
一時帰国中に会った後輩は夫婦で歯ぎしり食いしばりの症状がある、とのことでした。

虫歯じゃないのに痛みがある場合など、歯ぎしり・食いしばりを疑ってみるのはアリだと思いました。

歯のホワイトニング

ふと歯のお掃除中に治療室のポスターを見ると歯のホワイトニングが4,480円と激安!!
(普通ホームホワイトニングは1.5〜3万かかるそうですが、ここの歯医者さんは「歯に対する意識を高く持って欲しい」ということから利益なしでやってくださっています)

せっかくなのでホワイトニングもやることにしました。

だって欧米では歯の白さは重要なモテ要素!

豆知識

そうそう、今回松井歯科医院に通って知った豆知識(?)ですが。。。

親知らずはまっすぐ伸びてても抜く必要があることがあるそうです!!(*´д`)

私の場合、上だけ親知らずがあります。
まっすぐ伸びてるので問題ないと思っていたら、
「噛み合わせる歯がない(私の場合下の親知らずがない)と歯は伸び続けて
いずれ相手の歯茎に到達して刺さるようになって痛くなるから抜く必要がある」
とのことです!!

できるだけ若いうちに抜いた方がいいですよ〜とのことで、帰国したら親知らず抜かないといけないかな。。。

経過など

結局、歯の治療はなく、ホワイトニングをしてオーストラリアに戻りました。
(ちゃんとワントーン白くなりました♪)

ちなみに松井歯科医院、口コミ通りすっごい親切・丁寧でめっちゃ良かったです。
大阪の梅田付近に住まわれている方や職場がある方だったら通う価値ありです!!
(ホワイトニングで5,000円切るってなかなかないし!!)

ちなみに一時帰国中は小顔効果もあるなら頑張る!!と思ってマウスピース使うことに対してやる気満々だったのですが、オーストラリアに戻ってからマウスピースは結局あまり使ってません。
忘れちゃうんだもん。。。