タスマニアのアコモ②シェアハウスについて

私はタスマニアに2015年11月20日〜2016年4月28日までいました。

その中で、

Tasman Backepackersというバッパー2ヶ月半

East Devonportのシェアハウス2件に1ヶ月強ずつ

住んでいました。

今回はシェアハウス情報について。

と行っても私はDevonportに住んでいたのでその周辺しかないですが。。。

Tasman Backpackersについてはこの記事を参照にしてください。

スポンサーリンク
広告コード

Tasmaniaのシェアハウス

タスマニアはファームジョブが豊富なため、ワーホリメーカーに人気です。
そしてアコモ不足でも有名です(泣)

私もシェアハウスに移りたい!と思って探してみはじめたのは12月でしたが、ハイシーズンはなかなか空きがなくて実際に移ったのは1月の末でした。

シェアハウスの探し方

一般的にはGumtreeで探すものだと思いますが、台湾人・韓国人コミュニティではシェアハウスオーナーの連絡先一覧などがあるようです。その連絡先に直接テキストを送るのが効果的かと思われます。

オージーのオーナーの中には綺麗に使ってくれるアジア人を好む人も多く、住んでいるアジア人が次に住むアジア人を見つけてくるとそちらを優先することが多いと思うので、周りにいるアジア人に「シェアハウスを探している」と言いまくりましょう。

香港人の友達からもらったシェアハウス情報について載せてみます! と思ったけど、さすがに個人情報なので、下4桁隠します。

欲しい!って思った方はコメントしていただいたら直接お送りします。

Ruth 040921****
Kate 049764****
Karen 042916****
Grace 040885****
Sting 043105****
Sonya 041251****
Jonathan 041850****
Justin 047323****
Khan 042427****
Sophie 045891****
Caleb 043822****
Ricky 041758****

シェアハウスのレント

大体$100〜$130くらいが相場でした。

シドニーなどの違法シェアハウスと違って2ー4人部屋までがほとんどで、比較的快適に過ごせると思います。

私が住んでらシェアハウスについては

1軒目 $110/W 2人部屋
2軒目 $70/W   1人部屋

でした。

私のシェアハウス生活

1軒目

バッパーで一緒だったコリアンガール、Limの友達、Jiheeが住んでいるシェアハウスに一緒に引っ越しました。Limはソウル大学出身の才女!!(日本でいう東大です)

レントは前述の通り$110で、オージーのオーナーとワーホリメーカーも3人+犬というこじんまりとしたシェアハウスでした、

img_9551

Limと一緒のシェアハウス生活は楽しかったのですが(お互いEXOペン)、二人とも都会っ子で犬が苦手で。。。

私は犬の毛でアレルギー発症。(アレルギー体質なので)

彼女は犬の匂いに拒否感。

ということで、お互い1ヶ月強で出ちゃいました。。

あとシェアハウスを出た理由としてもう一つ。

Limの友達Jiheeがとオーナーができていて、リビングでイチャイチャ。

私はオニオンファクトリーの夜勤が始まったのですが、夜9時に起きて今から仕事だって時に二人はリビングで抱き合ってテレビを見ているていう状態で。

考えて見てください!!

朝起きて、仕事前にカップルがリビングのソファーでイチャイチャしているのを誰が見たいと思いますか?夜勤前で今から仕事だって時に流石にちょっとイラっとしますよ❤️

ということで、犬アレルギー(猫もダメなんですけど)、かつイチャイチャを出勤前に見るのが嫌になってそのシェアハウスを出ることにしました。

ちなみにオーナーとコリアンガールJは結婚して最近女の子も産まれました。
個人的にはJiheeはいい子だし、幸せな結婚生活を送っているのでシェアハウスを出た今は純粋に応援しています。

2軒目

オニオンファクトリーで一緒に働いていたMinaとHyokso夫妻の紹介で、シェアハウス2軒目に3月上旬に引っ越しました。

レントは格安の$70/W!!しかもオウンルーム!!

img_0182

本当にめっちゃラッキー♪と思ったのですが。。。

ここのオーナー、(彼氏持ち)未亡人で情緒不安定だったんです。

シェアハウスの経営も初めてで、Wi-Fiを始めスマホやPCなどIT関係のことはよく分かっていない人でした。($70/Wのレントも相場がよく分かっていなかっための安かったようです)

私はインスペクション(見学)の際にWi-Fiは使えると確認していたのですが、引っ越してみるとポケットWi-FiだけしかなくてWi-Fi使えませんでした。(すでにデータを使い切っていた)話が違う、ちゃんとブロードバンドWi-Fiを契約してくれ、と頼んだら怒り出して、最終的には泣き出す始末。感情的な女性がめんどくさいことは万国共通だなーと実感。。。

Wi-Fiに関してはものすごく苦労しました。私は動画サイトやオンライン英会話も契約していたので、Wi-Fiが無いのは困ります。私が通信会社に出向いたり、電話したり、チャットすることで住み始めて1ヶ月以上してからついにブロードバンドWi-Fiを使うことができました。

このオーナーの情緒不安定さは半端なく他にもいろいろ大変でしたが、Wi-Fiについて働いた甲斐があってか、最終的にはディナーまでご馳走してくれました。

img_0181

私は最終的には円満にこのシェアハウスから出ることができたのですが、6月に出たMinaとHyoksoは散々だったみたいです。いきなりレントを上げるだの、ボンドを返さないなどを言い出してすごく気分が悪かったと聞きました。

シェアハウスに住む際は契約書の代わりになるように、できるだけボンドに対する領収書なんかももらった方が良いのかな、と思いました。

タスマニアに住むためのまとめ

●タスマニアではアコモは不足気味なので渡航する前にせめてバッパーの予約はしておきましょう(タスマンバッパーもハイシーズンは予約いっぱいで取れないことも多々あります)
●バッパーから出たい場合、周りのアジア人にシェアハウスに住みたいことを言いまくりましょう
●オーナーと同じ家に住む際はルールなどを事前に確認しておきましょう
●できるだけボンドについては領収書をもらっておきましょう

みなさん、良いタスマニア生活を!!