ウィスラーでの日常8 〜夏の休日編〜

こんにちは。

休日は毎度スノボに行っていたのですが、去る5/22についにブラッコム山が閉まり休日にやることが無くなった、、、と思っていたのですが最高の休日の過ごし方を見つけました!!

私にとっての贅沢はこういうことたと思う #offonmountain #drinking #reading #beautifulday #lovemylife

erikoさん(@mukku619)がシェアした投稿 –

シーズンパスでゴンドラ上がって標高1800mでビール飲みながら、本を読む。
それだけ?と思う人もいるかもですが、景色が本当に綺麗なので私にはものすごい贅沢なことなんです。

にしてもシーズンパスはもう使えないと思っていたのですが、ハイキング目的だったら使えるんです!!(知らなかったw)

あとこの時期限定でSnow Walls(軽いハイキングの道の両側にある)も楽しめます。サイトには徒歩60〜90分のウォーキングと記載がありましたが、私は60分もかからなかったです。

日本人からすると、立山黒部アルペンルートの雪の壁の方が高い!って思うと思いますが、ウィスラーの雪の壁は長いです。

↑4年前に雪の大谷行った時の写真です。(今と同じレインウェア 笑)

あと裏技(?)として、BYO(Bring Your Own)すると安上がりです♪

山の上のレストランで買うとただの缶ビールが8ドルとかするので。(酒屋さんで買うと2ドルくらいなので4倍とか)

なので、私は自分で持って行って雪の壁にビールを突っ込んで冷やして、ハイキング後に飲みました。

日本と違って、カナダはライセンスがあるところでないとお酒は出せないし、消費者もライセンスがない公共の場ではアルコールを飲んではいけません。(オーストラリアも同じでした。山の上のレストランではKokaneeやKoronaは売っているので、そうした銘柄をチョイスするとバレにくいのではないかと思います)

以上、初夏のウィスラーよりお届けしました。
では!!