【オーストラリア最大の合法ファーム】Costa 〜稼げる仕組みやアプライ方法〜

オーストラリアにワーホリに来て安心・安全に稼ぎたい方のための記事です。

私はラズベリー、ストロベリー、ブルーベリーを扱っていたファームで働いた経験があるので主にベリー類について紹介したいと思います。

Costaとは?

オーストラリア全土に点在するファーム会社です。

バナナ、ベリー類、柑橘類、マッシュルーム、トマト、アボガドを扱っています。ピッカー&パッカーとしてワーホリメーカーがたくさん働いています。

その中でもワーホリメーカーに人気のベリー類のファームはNSW、QLD、WA、TASにあります。

出展:http://costagroup.com.au/Berries

なんでCostaがいいの?

一言で言えば稼げる合法ファームだから。

ピッキングに関しては歩合制(コントラクト)ですが、クルーと呼ばれるチームの平均時給が$22.48以上になるように後で調整されます。

→$23.04/hに改正されました(2016.9現在)

リケジョ
コントラクトって始めに提示された額より上がることがないイメージですが、Costaは上がることの方が多かった(=思ってたより多くお給料がもらえる)です

「思っていたより多くもらえる」という仕組みを2016年4月10日のラズベリーピッキングの仮の明細と給与明細を例に説明したいと思います。

ラズベリーピッキングってどんな仕事?と思う人はこちらの記事を参照にしてください。

私、タスマニアで1番長く働いたのがraspberry farmです。(2/19〜4/25まで) なので今回はラズベリーについて!! ラズ...
<さっと読むための用語集>
ピッキング:収穫すること
ピッカー :ピッキングする人
パッキング:パックなどに収穫物を詰めること
パッカー :パッキングする人
パネル  :パックのこと
レート  :1パネル(パック)あたり・またはkgあたりの値段

1.仮の明細(働いた当日にもらえる)

img_7894

仕事終わりにもらえる付箋(その日の成果)

まずこちらが仕事終わりにもらう付箋です。

収穫した量(左)レート(右)が記載されています。

①$1.2/パネルのラズベリーを37パネルパックしましたよ、という意味

②$1.0/パネルのラズベリーを14+35+26=計75パネルパックしましたよ、という意味

※ラズベリー、ブルーベリーともに毎日品種ごとにレートが計算されます。

2. 給与明細(1週間ごと)

img_7896

1週間ごとにもらえる給与明細(payslips)

給与明細のパネルあたりの価格に注目してください。

①$1.2/パネル→$1.5/パネルにUP

②$1.0パネル→$1.2/パネルにUP

仮の明細より値上がっていることがわかります。

仕事が始まる時に朝礼で「今日のレートは$◯.◯」と発表されますが、実際は給与明細のレートの方が良いことの方が多かったです。

<どれだけ稼げるかは運次第>

Costaではクルーの平均時給が最低時給を上回るように調整されるため、ファーストピッカー(ピッキングが速い人)ばかりだとレートは低くなります。また植物には個体差があるので、どの木をピックするかによって大きく給与に差が出てきます。
なので、下記2つの環境が給与に影響します。

●どのクルーになるか(←長期間にわたって左右されるので重要)
●その日にピックする木にベリーがたくさんなっているか

環境は自分では選べないのでです。

アプライ(応募)〜働くまで

「どうやってアプライするのか」「どうやって仕事をもらうのか」について説明したいと思います。

Costaの場合は採用までの手順がきちんと決められています。

①アプライ(応募)

②Induction(説明会)

③仕事開始

では順を追って説明したいと思います。

①アプライ

まずアプライ(応募)について。

アプライ方法

このリンク先のメアドにメールしてください。するとPDFファイルが送られてくるので、それに記入して返信してください。 (→Webサイトが変更になってました)

こちらのサイトからアプライ(応募)してください。

自分が興味のある地域をクリックする

アプライしたい職種をクリックする

APPLYをクリックする

①SNSのプロフィールを選択 ②SNSの種類を選択 ③CONTINUEをクリック

あとは必要事項を入力していく

最後まで入力して、アプリケーションナンバーをもらって初めてアプライ完了です。

またCostaは毎年何千人もアプライするようなので、時期によったら超忙しいです。

「そのためPDFファイルが送られてこない」、「アプリケーションナンバーが送られてこない」などがありえます。その場合は根気よく電話をしましょう。

電話は月火木金の9:00〜13:00限定です。

かかりにくいことが多々ありますが、諦めないでください。

いつアプライするのがいいの?

基本的にアプライは年中受け付けてくれているようなので、早い方がよいでしょう。

大きく分けてシーズン前の①早期アプライと、シーズン直前またはシーズン中の②通常アプライに分かれます。

また「このブルーベリーをやりたい」など、こだわりがある人はアプライ時点で主張しておきましょう。

a. 早期アプライについて

Costaは優良ファームなので大人気なので、シーズンの何ヶ月も前からアプライする人も多いです。ちなみにCostaは現地にいなくてもアプライ可能です。

私の場合、NSWのCorindiのブルーベリーにアプライしたのは4月末で、仕事を始めたのは9月の半ばでした。つまりアプライしてから仕事を始めるまで5ヶ月待ったことになります。

注意しないといけないのは早期アプライは「働く意思がありますよ」と示してるだけのようなものです。

アプライした人は月に1〜2回定められた「リングバックデー(電話を書ける日)」にCostaに電話して

リケジョ
働きたいです!!
(働く意思があります)

というのを伝える必要があります。

そうして数ヶ月間定期的にリングバックすることで、アプライが早かった人から順にシーズンが始まるタイミングからinduction(説明会)の電話がかかってきます。

このタイミングが合うかも大事です。

リケジョ
私の場合、電話がかかってきて提示されたinductionの日はちょうどダーウィンに旅行中で行けませんでした。旅行から帰って来た後はベリーの量が伸び悩んだため、現地に入ってからもinductionを受けるまで半月待つことになりました。

b. 通常アプライについて

現地に入ってからアプライする方法です。

メールだけでなく、直接オフィスに行ってアプライすることもできます。私はタスマニアの時はワーキングホステルに滞在し、そのホステルからアプライしました。

a・bどちらの方法でも書く書類の内容は同じかつアプリケーションNo.をもらってアプライ完了です。

②Induction(説明会)

Costaはシーズンが始まる、またはハイシーズンに向けて人を増やすなど人を雇用する前に必ずinductionを開催します。

そのinductionの日が決定したら、アプライを先にしていた人から順に電話がかかってきます。

そして電話がかかってきたら指定された日にオフィスに行き、inductionを受けます。

内容は主に書類の記入(personal detail、bank detailなど)、仕事のルールについてです。時間は2〜3時間程度です。この時にどの作物(ラズベリーなのかブルーベリーなのか)がいいかをしっかりと伝えておきましょう。

ちなみにinductionを受ける前に会場の入り口でアプリケーションNo.と名前をしっかりチェックされるので、飛び込み参加は不可です。

③仕事開始

通常「inductionを受けてから2週間以内に仕事を始められる」と言われています。

しかし、私はタスマニア、コリンディともに2週間以上過ぎてからの開始になりました。逆にハイシーズンのタスマニアではinductionを受けた日の夜からパッキングシェッドでブルーベリーパッキングの仕事を開始している人もいました。

当日や翌日開始などすぐ始まることもありますが、上記のように切羽詰まっててるような時期以外はCostaからの電話を待つ日々が再来します。

電話がかかってきてやっと仕事を始められます。

仕事初日

<NSW コリンディの場合>

Facebookで自分のクルーの場所をチェックして、直接出勤します。

そこでスーパーバイザーたちから決まり事などについて指導を受けて仕事開始です。

<タスマニア バーニーの場合>

その日が初日の人だけ指定の場所に集められて、名簿(※)と照らし合わせられます。そして配属になるクルーに移動してスーパーバイザーから指導を受けてついにピッキング開始です。

※もし名簿に名前がなければ働けません。経験済です(泣)

その他

勝手にQ&Aしちゃいます。

Q. セカンドビザを取得するための日数のカウントは?
A. もちろん対象です。
ただしデイオフカウントはなく、働いた日だけがカウントされます。
また14日に1回休まなければならないという決まりがあります(13連勤まで)ブルーベリーは雨でデイオフになることもあったり、ハイシーズンでなければ休みの日もあるのでセカンド取るための日数が切羽詰まっている人には向いていないと思います。※ストロベリーとラズベリーは雨の日も仕事があり、果実が傷むのが早いため仕事は毎日あります。ただし14日に1回休まなければいけないのはブルーベリーと同じです。

Q. 時給制の仕事はないの?

A. あります。

ピッキングは歩合制のみで、時給制はありません。

スーパーバイザー、ランナー、チェッカーと呼ばれるピッカーに指示(や統制?)する仕事は時給制です。(スーパーバイザーは$25/hくらい、ランナーとチェッカーは$23.04/h)英語でちゃんとコミュニケーションが取れる人であればワーホリメーカーでも時給制の仕事のチャンスがあり

またピッキングに比べると少人数になりますが、ブルーベリーパッキングも時給制($23.04)になります。

ブルーベリーピッキングをしていてまさかの捻挫でドクターストップw 治るまでブルーベリーパッキングすることになりました。 Cost...

A. 6ヶ月縛りは?

B. ありました。

オーストラリアのワーホリって基本的に6ヶ月までしか同一雇用主も元で働けません。
Costaの場合、2016年は下記のようにカウントしていました。

①カウントはインダクションの日から始まります。(働いてないのに。。。)
②同じBerry Exchangeの中だと1stビザで合計6ヶ月まで、2ndビザで合計6ヶ月までとなります。

例)私のようにタスマニアで5ヶ月近く働いていた人間はコフスハーバーではインダクションの日から1ヶ月しか働けません。

→2017年1月より ”同一雇用主のもとでは6ヶ月しか働けない” というルールは廃止するという話も出ましたが、結局継続中みたいです。ただし特定の産業は例外となり、1年間働けるようなので、Costaに確認してみてください。

See a list of our visa conditions and so that you can comply with your obligations
Q. 服装は?
A. スニーカー、襟付きのシャツやポロシャツ、帽子をかぶるという指定があります。
ファームでよく見る蛍光色のシャツは不要です。(着ている人は多い)

以上、Costaについてとアプライ〜仕事を始めるまでについてでした。

Costaのいいところは離れた場所からでもアプライすることができることです。

興味のある人はちゃっちゃとアプライしてしまいましょう。

また個別で私が経験した仕事内容などについても掲載しているので、よかったらこちらも参考にしてください。

では♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク