2017 ロッキーの思い出5 レイクルイーズ プレーン オブ ザ シックスグレーシャーズ

こんにちは!

ロッキーハイキング第5弾、今回はプレーン オブ ザ シックスグレーシャーズについて。

summary(要約)
この記事はレイクルイーズハイキングの人気コースの1つ、シックスグレーシャーズについてです。
●レイクルイーズを逆方向から観れるよ
●お手軽にグレーシャービュー楽しめるよ
●馬糞が豊富な登山道だよ
てことを書いてます。

シックスグレーシャーズ(Plain of the six graiciers)とは

レイクルイーズに流れ込む氷河たちです。

このコースでは氷河が間近に迫るところが最大の魅力!!

アクセス

レンタカーの場合と公共交通機関の2パターンを紹介したいと思います。

またレイクルイーズのビレッジからもシャトルバスは出てますので、近くに泊まってる場合はレイクルイーズのビレッジから乗ると便利だと思います。

シーズン中(7〜9月)はレイクルイーズの駐車場が溢れて停められないことが発生するので、基本的にオーバーフローパーキング(Overflow parking)という3kmほどレイクルイーズのビレッジから離れたところに停めて、そこから無料シャトルバスで向かうと思ってて下さい。

①レンタカー利用

バンフ→レイクルイーズのオーバーフローパーキング(Overflow Parking)ビレッジから6kmほどのところにある駐車場)まで行って、そこから無料シャトルバスに乗ります。

レイクルイーズビレッジにも駐車場はありますが、繁忙期は駐車場がいっぱいになることが多いです。
レイクルイース行きのバスは本数も多く、長時間待つこともないので初めからオーバーフローパーキングに行ってもいいと思います。
(8月、9月とも結局オーバーフローパーキングを利用しました)

レイクルイーズのオーバーフローパーキング。
モレーンレイク行きの無料バスも同じところから出ています。

※写真の長蛇の列はモレーンレイク行きのバスを待っている人たちです

②公共交通機関(無料シャトルバス)利用

バンフ→レイクルイーズビレッジまで

シーズン中は無料のシャトルバスがあります。(2017年は5/19〜10/9まで)

Louise, Moraine, lake, ski, hill, village, hamlet, mall, Samson, shuttle, bus, overflow, parking, lot, schedule, fare, route, cost, price, Chateau

ビレッジの近くにホステルもあるので、前泊の方がスムーズかもしれません。

レイクルイーズビレッジ→レイクルイーズ

無料シャトルバスが出ています。
夏季は15分単位で出ていますので、バスに乗れない!!ってことはありません。

今回のコースについて

ハイキングの概要です。

レイクルイーズを出発してティーハウスまで行き、そこからさらにビクトリア氷河の展望地まで行きました。

1. コースタイム

実際にかかった時間は休憩を入れて5時間でした。

2. 標高、歩行距離

標高:1,730m→2,195mの465mアップ

距離:12.4km

3. その他

馬がいます。
(馬に乗って登山するというアクティビティがあるので)

馬の糞が登山道のあらゆるところにあります。

馬はその辺で好きに用を足してますが、人間はレイクルイーズの駐車場またはティーハウスの近くのボットン便所があるので、そこで足しましょう。

4. 概要

日程

2017/9/23 土曜日、超混雑

天気
曇り→晴

メンバー
私とトラベルメイトのジュリアンの2人

ジュリアン、車中泊で寝れなくてさらに便秘でめっちゃ体調悪そうでした。

実際の様子

登山道は整備されてて歩きやすいですが、所々馬の糞があるので踏まないよう、要注意です。

最初は平坦なので楽チン

開始30分ほどで登り始めるけど、急なところはあまり無いです。

混雑っ 土曜日だからしょうがない。

割とあっさりティーハウス到着

お昼はティーハウスの近くのベンチで食べると眺めもいいです。

ティーハウスの柱に仏様

お昼を食べて、グレーシャービューポイント目指して歩きます

グレーシャービューポイントまでの登山道からの眺めが良かったです。

グレーシャーと便秘のジュリアン

帰りは行きと同じ道を降ります。

レイクルイーズとフェアモントホテルが見えててて、歩いてて楽しかったです。

プレーン・オブ・ザ・シックスグレーシャーズのまとめ

●スタート・ゴールはレイクルイーズ(観光地)
●公共交通機関で行けます
●登山道整備されていて、歩きやすいです
●馬も歩いています

以上、シックスグレーシャーについてでした。

次回の登山紀行(?)はモレーンレイクのラーチバレイについてです。

では!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク